浦添市 、百戦錬磨・とまれる沖縄 と連携協定を締結

民泊サービスの百戦錬磨、沖縄・浦添市と連携協定を締結

―地域の遊休資産を活用した民泊による地域活性化を目指す―

 浦添市(市長:松本哲治)、株式会社百戦錬磨(宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博、以下百戦錬磨)、子会社のとまれる沖縄株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:鞍掛斉也、以下とまれる沖縄)は本日2月13日(火)、合法民泊推進による地域振興を目指す連携協定を締結いたしました。本締結は、三者の連携協力のもと、百戦錬磨・とまれる沖縄が提供する合法民泊サービスと、浦添市内の外国人住宅、そのほかの空き家・空き店舗などの遊休資産を活用し、地方活性化推進の加速を図ることを目的といたします。

 浦添市は那覇空港からも近く、沖縄観光の重要拠点である那覇市に隣接するという立地条件を持つ一方、市内の宿泊施設不足から沖縄本島観光への経由地とされることも多く、観光振興の観点から「宿泊」への取組みはテーマの一つでもありました。また並行して、沖縄県内の違法民泊が激増する現状への対応も課題認識しています。

百戦錬磨は、運営する民泊予約サイト「STAY JAPAN」(https://stayjapan.com/)にて、東京・大阪などの都心部のマンション・一軒家などを活用した民泊から、地方の古民家・宿坊・農林漁家体験民宿など、すべて自治体の許認可を受けた施設による新たな宿泊の選択肢を提供しています。特に沖縄県においては、2014年より子会社(現・とまれる沖縄)を設立し、現地での合法民泊コンサルティングや施設運営サポートなど、民泊サービスの一気通関したソリューション提供を行ってまいりました。現在、「STAY JAPAN」にて沖縄県内の300室を超える施設の取り扱いを行っております。

 今後は、浦添市の提唱する「合法民泊推進都市」を基にした三者の協力にて、正しい民泊の普及を進めた上で、浦添市内にある外国人住宅や空き家・空き店舗などの遊休資産を活用し、これまでの沖縄観光イメージである自然や琉球文化伝統のみに依存しない、“ディープな暮らし体験”ができる「全く新しい沖縄の滞在スタイル」の提供を目指します。また、それを更に具体的且つ強力に推し進める地元組織として推進体制構築を目指し、沖縄県内はもちろん、全国的な先進モデルの構築を進めてまいります。

【協定の概要】

浦添市と百戦錬磨、とまれる沖縄は連携協力し、合法民泊推進による地域振興を目指し、以下の取り組みを行う

 1合法民泊を活用した、浦添ならではの地域振興

1.1    地域の遊休資産(空き家,古民家,歴史的文化財等)を活用した民泊施設の開発支援

1.2    市内の文化施設,スポーツ施設等と連携した、地域内への宿泊需要取り込み

1.3    浦添の民泊ブランド発信、及び地域と連携した情報発信

1.4    その他、民泊活用による地域課題への対応(民泊を活用した雇用促進、移住・定住促進施策、等)

 2地域における合法民泊の認知啓蒙, 普及促進

2.1    住民に対する正しい民泊の理解促進

2.2    その他、合法民泊推進に向けた環境整備(指導・助言等を含む)

 3持続的な地域振興を実現するための、推進体制構築

 

プレスリリース本文(PDF)はこちら

3月1日開催!合法的な「民泊運用」で浦添市の未来像を語るシンポジウム

27545484_1799453173463333_6223970046977538700_n

住宅宿泊事業法の施行が今年の6月15日となっている中、住宅宿泊事業法の受付が3月15日に迫り、浦添市主催、とまれる沖縄株式会社共催で3月1日に「合法的な「民泊運用」で浦添市の未来像を語るシンポジウム」を開催いたします。

講演は、住宅宿泊事業法成立の中心的役割を果たし、適正運用に尽力されている国土交通省観光庁の波々伯部信彦氏をお招きして講演と、株式会社百戦錬磨 代表取締役 上山康博による基調講演を第一部、第二部に分けて行い、第三部として、パネルディスカッション行い、そこでは松本哲治浦添市長を交えてのクロストークも開催されます。

是非、この機会に民泊を起点に考える浦添市の未来像について考える時間にご参加して頂けたらと思います

日時:2018年 3月 1日(木曜)
開演:18:30(会場 18:00)
場所:浦添市てだこホール(小ホール)
主催:浦添市
共催:とまれる沖縄

参加申し込み方法
浦添市役所 観光振興課の窓口または、電話、FAX、メールにてお申し込みください。

参加申し込み先
浦添市役所観光振興課
電話:098-876-1234
FAX:098-876-9467
メール:kanko@city.urasoe.lg.jp